瑞泉寺に行ったことはありますか?~豊臣秀次一族処刑の跡

寺院
この記事は約2分で読めます。

NHK大河ドラマにも登場した豊臣秀次の慰霊塔が京都の繁華街三条通りにある瑞泉寺にあると知って訪問しました。

三条大通りのすぐ脇にある寺なのですが、ビルの間に囲まれた小規模なお堂なので、気が付かない方も多いと思います。

境内は訪れる参拝者も少なく、三条通の喧騒とは違い、静寂とした雰囲気に包まれていました。

豊臣秀次といえば、秀吉の甥で、子供に恵まれなかった秀吉の跡を継いで、
関白に就任した武将です。

突然謀反の疑いをかけられ、高野山で謹慎したあと、切腹を命じられました。1595年7月15日のことです。その翌月の8月2日には秀次の子女と妻妾三十余名の一族が、当時は三条河原の中州であったこの場所で処刑されました。

画像は境内に展示されている「瑞泉寺絵縁起」の写しです。処刑の様子が描かれています。

高野山で切腹した秀次の首の前で、次々と一族が処刑されていきました。
処刑された遺骸は次々と傍らに掘られた穴に投げ込まれました。

その哀れさに、立ち会った反秀次派の武士たちも涙を流したと記載されています。
遺骸が埋められたあとには、塚」と石柱が建てられました。

石柱には「秀次悪逆塚文禄四年七月十四日」と刻されたそうです。塚は殺生塚、関白塚、摂政塚、畜生塚と呼ばれました。

境内にある豊臣秀次の供養塔。供養塔の前には処刑された一族の慰霊塔が並んでいます。

当時の「塚」があった位置を示す絵図。「塚」は三条河原の中洲にありました。この中州の「塚」があった場所に瑞泉寺は建てられました。現在は中州は開墾され、瑞泉寺の周囲にはビルが建っています。

瑞泉寺の門前には高瀬川が流れています。高瀬川を開墾したのは角倉了以です。

1611年、了以は高瀬川を開墾するにあたり、偶然三条河原で『秀次悪逆塚』と刻まれた石を見つけます。その石が16年前に三条河原で起こった惨劇の証だと知ります。また了以の実弟吉田宗恂が秀次の家臣であったこと、丁度宗恂の死から一周忌にあたることもあり、了以は塚のあった場所に瑞泉寺を建立しました。

境内には瑞泉寺の由来を解説した掲示板が設置されています。

通りに面した門前にはNHK大河ドラマで豊臣秀次を演じた俳優の写真が掲載されています。

「功名が辻」の成宮寛貴さん、「江~姫たちの戦国」の北村有起哉さん、「軍師官兵衛」の中尾明慶さん。

少しミーハーな気分で参拝したものの、かつて惨劇があった場所に建てられたお寺。
心から冥福をお祈りいたしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました