Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

京都一覧

       

京都駅近くにある菅原道真公を祀った天満宮/文子天満宮

京都には北野天満宮という有名な神社がありますが、この神社は北野天満宮の前に道真公をお祀りした神社だそうです。 道真公の乳母だった多治比文子(たじひのあやこ)の元に道真公から今の北野天満宮がある場所に祀るようにお告げがあったんですが、当時の文子は社殿を建てるだけの財力がなく、仕方なく自分の住まいであったこの場所に祀ったそうです。 確かに敷地は狭いですね。

       

「陰陽師」に厄除け・魔除け祈願~清明神社

平安時代の陰陽師である安倍晴明を祀った清明神社は堀川通を今出川あたりまで北へ進んだところにあります。 近くに地下鉄駅がないので、公共交通を使うなら市バスを使うしかありません。 それでも僕は地下鉄の二条城前で降りて、そこからひたすら堀川通を北へ歩いて行きます。

       

貴船神社~水の神様、鴨川の水源

鞍馬寺魔王殿から鞍馬山を下ると、貴船神社の前に出ました。 今回は鞍馬寺から貴船を縦貫しましたが、貴船神社を目的に行くなら、 叡山電鉄を貴船口駅で降りて、バスで貴船神社まで向かうといいでしょう。 少し無理をすれば貴船口駅から徒歩でも行けます。

       

この世とあの世の境~六道珍皇寺

京都の魔界スポットのひとつに京都東山にある六道珍皇寺があります。 清水寺がある鳥辺山あたりはむかしは鳥辺野と呼ばれ、風葬、鳥葬の場所で、 死んだ人はそのまま捨てられていたそうです。 六道珍皇寺の門前の松原通(旧五条通)は、鳥辺野に亡骸を運ぶ際の通路でした。 都人たちは通路の途中にあるこの寺で野辺送りの法要をしました。 そのためこの寺はこの世とあの世の境と信じられてきました。

       

2017祇園祭前祭宵山歩き

7月16日祇園祭前祭宵山見物に四条界隈を歩きました。 2014年から前祭(さきまつり)と後祭(あとまつり)の2回に分かれて開催されるようになりました。 でも当初は2回に分かれて開催されていたもので、1966年に合同化されたのですね。

       

瑞泉寺に行ったことはありますか?~豊臣秀次一族処刑の跡

豊臣秀次といえば、秀吉の甥で、子供に恵まれなかった秀吉の跡を継いで、 関白に就任した武将です。 突然謀反の疑いをかけられ、高野山で謹慎したあと、切腹を命じられました。1595年7月15日のことです。 その翌月の8月2日には秀次の子女と妻妾三十余名の一族が、当時は三条河原の中州であったこの場所で処刑されました。

       

今さら嵐山ですが

京都の西に位置する観光スポット嵐山。 かつて1980年代にはタレントショップが乱立していたのですが、今は姿を消しました。 それでも人気は衰えない、京都ナンバーワン観光名所です。 今さら紹介するような場所ではないですが、京都案内には外すことができないので。